ラジオカロスサッポロは、コミュニティ放送局のパイオニア。
札幌で最初に開局したコミュニティ放送局です。
平成8年7月に全国で37局目、全道で8局目、札幌市で最初に開局しました。

ステーションネームの「カロス」に沿って、ラジオカロスサッポロは、そこに住む人の視点を活かした文化、観光、医療、健康、福祉、環境、防災を中心とする番組編成によって、地域の方々の安心・安全に役立つラジオ局を目指しています。

ラジオカロスサッポロは、そこに住むより多くの方々がまちづくりに参加できるように、 全く新しい視線・企画でまちをサポートします。

ラジオカロスサッポロは、地域を盛り上げるために中継やイベントを通して、ラジオ局と地域・人・企業との絆を大切にし、円山から札幌の発展のために寄与します。

商 号 株式会社 札幌コミュニティ放送局
社名愛称 ラジオカロス サッポロ
代表取締役 後藤壯一郎
放送局長 小林誠司
設立日 平成7年 12月 26日
開局日 平成8年 7月 20日
所在地 〒064-0951 札幌市中央区宮の森1条11丁目3-1 ( ローソン2階 )
送信所 〒060-0011 札幌市中央区北1条西11丁目 ホテルロイトン札幌屋上(海抜113.0m)
周波数 FM78.1Mhz
出力 20w
TEL 011-622-2300
FAX 011-622-5201
E-mail

広告 放送料金、コマーシャル、ウェブ広告につきましては
[広告・放送料金]ページをご覧下さい。
リクエスト・メッセージ 番組へのメッセージやコーナーへの投稿は、郵便、FAX、Eメールで受け付けております。
ホームページからも受け付けておりますので、[リクエスト]からどしどしお寄せ下さい!


札幌市中央区の送信所を起点に
札幌市内・石狩市・江別市・北広島市ほか近隣市町
(※可聴範囲内であっても、山間部や近隣にビル等が
ある場合、うまく受信できないことがあります)

【USEN440】 CG-37CH
札幌市・江別市・恵庭市・石狩市・千歳市など
【キャンシステム】 E-6CH
札幌市および近郊
小樽市・恵庭市・石狩市・千歳市など


カロ助の生い立ち…

宇宙の彼方、銀河系によく似た、星達の集まりの中に、一際小さく美しい星、カロス星がある。
争いや憎しみといった感情の存在しない超文明が平和と秩序を保ち
星に住む人々は幸せな日々を送っていた。

そんな星に生まれたカロ助。
両親や周りの大人達からの惜しみない愛を受け、愛情溢れる子どもに育っていった。

カロ助はなぜ、地球に…

同じような超文明を持つ星たちとの同盟により決められた
争い、戦争、憎しみの感情などが存在する「悲しみの星」と呼ばれる星々を
無償の愛の力で救済するプロジェクトに参加。
自ら志願し、平和戦士になり、地球というひとつの星を任される。

カロ助が地球について…

遙かな時の旅を終え、地球時間、西暦1997年7月20日、
水の惑星と呼ばれる美しい星、地球に到着。
しかしそこには、外見の美しさとは裏腹に、
戦争、自然破壊、妬み恨みといった人の心の荒廃が、末期的な様相をしめしていた。
何から手を付けるものかと、途方に暮れたカロ助に、
日本という国の北端に位置する北海道は札幌に目が止まった。

カロ助が始めたこと…

カロ助はラジオ電波という人類共通の意思疎通手段を見つけた。

「これなら、僕の気持ちを電波に乗せてたくさんの人たちに伝えられる!!
本当の意味での、良さ、立派さ、美しさを、
この札幌から地球中に発信していこう!!」

そう強く心に決め、美しい北の都市から、微弱ではあるが、
気高い志を持ったラジオ電波を、カロ助の頭に愛らしく生えたアンテナから発射し始めたのだった…。

つづく

開催日時 第133回 番組審議会(令和2年11月27日)
出 席 者 山本委員、縣委員、鈴木委員、大窪委員、安宅副社長
議  題 番組 「夢慧ミュージック」 放送日 水曜日 22:00〜23:00
主な意見 ・生前、本人とのご縁でスタートした当番組。好評により長寿番組に成長。
・多くのリスナーから、心が安まる、癒される、胸にしみるとの感想が多い。
・夢慧の歌声は愛唱歌、抒情歌、青春歌など日本の情景をイメージさせる。
・ソフト・ヒーリング・ソングの良さが分かる癒やし系音楽番組。
・今後も多くの愛好者の期待に応えて欲しい。